外壁アスベストの危険性

外壁や塗装等にアスベストが使用されていることがあり、
古い建築物の解体や処理には注意が必要です

外壁アスベストの危険性

塗材や下地調整塗材に用いられていたアスベストは、添加量も少なくセメントや合成樹脂などの結合材で固められていますので、通常の環境下でアスベスト粉じんが飛散することはない(非飛散性)と考えられています。
しかし、改修工事や解体工事において既存塗膜を除去する場合は、塗膜を破断せずに除去することが困難なことや、経年劣化によっては含有するアスベストが飛散するおそれがあるため、近年は外壁に使われているアスベスト含有の塗料が特に注目されています。

近年、特に注目されている
外壁塗料に含まれているアスベスト

塗料に含まれているアスベストは樹脂で固着され、健康および環境には即時には影響はあまりないと考えられていました。しかし経年劣化や、解体工事などで圧力がかかる場合には飛散の危険性が高まります。
外壁塗料に含まれるアスベストは一見ではアスベストが含有していると判断がつかないことから、解体工事などで飛散を防ぐためには事前の徹底した調査が重要になります。エスポワールでは事前調査をしっかりとおこない、吹き付け剤はもちろんのこと、一目では判断がつかない外壁アスベストの除去実績が豊富にございますので、安心してお任せ下さい。

アスベスト含有の可能性がある
外壁

アスベストは防火性、耐熱性に優れた性能を持つことから、建物の外壁をはじめとして広範囲で使用されております。さらに吹付け塗装など、多くの使用状況がございます。

健在の種類使用部位使用年代飛散
レベル
建築用仕上塗装材塗装ののびを良くする、塗装材のダレを防止する為に石綿が混ぜて使用されていた1970年~1999年レベル
1
レベル
3
フィラー(下地調整塗料材)外壁塗料の下地塗材などに、多く使用されていた1970年~2005年レベル
3
繊維強化セメント板耐火・耐熱性が高く外壁および内装に、多く使用されていた1960~2004年レベル
3
石綿含有金属系サイディング断熱性が高く軽量のため、一般住宅
外壁材として使用されていた
1960~2004年レベル
3
石綿含有けい酸カルシウム板
第1種
断熱性が優れていて軽いため天井材などに使用されていた1960~2004年レベル
3
石綿含有スレートボード・
フレキシブル板
防火性が高いので天井材などに使用されていた1952~2004年レベル
3

外壁アスベスト処理の注意点

例え発じん性が低いレベル3の外壁などの解体や塗装の塗り替えでも、処理をあやまれば曝露の危険性があります。アスベスト含有の外壁だと気づかずグラインダーや高圧洗浄をかけると周辺へ被害を及ぼす危険性があります。
そこで、エスポワールでは「建築物石綿含有建材調査者」による事前調査を徹底し、適切な処理を行うことでアスベストの飛散を防止します。

外壁アスベストの処理

エスポワールでは、徹底した調査の判断によって適切な処理方法を選択します。

  • 資料採取による現地調査と劣化状態等の診断

    資料採取による現地調査と
    劣化状態等の診断

    採集した試料を基に、アスベスト含有の有無を分析します。また、劣化状態等の把握のための診断は、処理工事の要否及び処理工事を実施する場合の工法の選定をするために行います。

  • 外壁アスベスト処理工事

    外壁アスベスト処理工事

    アスベストが飛散しないよう、適切な処置を行った後、アスベストを除去していきます。

  • 事後処理

    事後処理

    除去したアスベストを、都道県知事の許可を受けている特別管理産業廃棄物収集運搬業者、処分業者へ引き渡します。