アスベスト除去のレベル
について

アスベスト除去時のアスベストの飛散性、発塵性によって1~3のレベルに区分され、それに合わせた対策が必要になります。もっとも飛散性が高いものがレベル1となり、作業場所の隔離などの徹底した曝露防止対策と適切な防護衣による作業者の安全対策等、高難度の作業となります。

作業
レベル
レベル1
発塵性 著しく高い
建材の
種類
耐火
・順耐火
建築物の吹付け剤
その他
建築物の
吹付け材
吹付け材 (建築材の 種類による 区別なし)
作業
内容
吹付け材除去 封じ込め 囲い込み (吊ボルト等 を取り付け る作業)
具体的
な例

①耐火建築物(3階以上の鉄筋構造の建築物等)の梁、柱等に石綿とセメントの合剤を吹付け、耐火被膜として使われている。
昭和38年頃から昭和50年初頭までの建築物に多い。

②ビルの機械室、ボイラ室等の天井、壁またはビル以外の建築物(体育館・工場・学校等)の天井、壁に石綿とセメントの合剤を吹付けて、吸音、結露防止(断熱用)として使われている。
昭和31年頃から昭和50年初頭までの建築物に多い。

作業
レベル
レベル2
発塵性 高い
建材の
種類
耐火被覆材、
断熱材
保温材、
石綿含有保温材
作業
内容
通常の除去 き落とし等による除去 グローブ バック 方式 非石綿部で切断搬出
具体的
な例

①ボイラ本体及びその配管、空調ダクト等の保温材として、石綿保温材、石綿含有けい酸カルシウム保温材等が張り付けられている。

②建築物の柱、梁、壁等に耐火非覆板、石綿含有けい酸カルシウム板第二種が、張り付けられている。

③断熱材として、屋根用折版裏断熱材、煙突用断熱材が使用されている。

作業レベル レベル3
発塵性 比較的高い
建材の
種類
その他石綿含有成形板 (非飛散性)
スレート板、 Pタイル等
作業
内容
手払し解体
具体的
な例
①建築物の天井、壁、床等に石綿含有成形板、ビニル床タイル等を貼り付けられている。

アスベスト含有の可能性がある
外壁

アスベストは防火性、耐熱性に優れた性能を持つことから、建物の外壁をはじめとして広範囲で使用されております。さらに吹付け塗装など、多くの使用状況がございます。

建材の種類 使用部品 使用年代 飛散
レベル
繊維強化セメント板 耐火・耐熱性が高く外壁および内装に、 多く使用されていた 1960~2004年 レベル3
石綿含有金属系サイディング 断熱性が高く軽量のため、一般住宅 外壁材として使用されていた 1960~2004年 レベル3
石綿含有けい酸カルシウム板 第1種 断熱性が優れていて軽いため天井材などに使用されていた 1960~2004年 レベル3
石綿含有スレートボード・ フレキシブル板 防火性が高いので天井材などに使用されていた 1952~2004年 レベル3

アスベスト除去レベル1

専用ポリシートで除去する部屋を完全密閉します。その上で負圧除塵装置の設置、セキュリティールームの設置などの飛散防止対策が必要となります。

アスベスト除去レベル2

保温材、断熱材等が対象となります。除去の際は石綿部の飛散防止養生を行い石綿が使われていない箇所で切断し、そのまま処分します。

アスベスト除去レベル3

非飛散性と呼ばれる、比較的リスクの少ない分類とされていますが、除去の際には十分に湿潤させた上、原型のまま破壊せず除去する必要があります。