アスベスト処理の流れ

アスベスト処理の流れ

調査依頼

改修工事や解体工事等の計画がある場合、受注者は石綿使用の有無について事前に調査を行い、発注者へ調査結果を書面で説明しなければならなくなります。当社にお任せ頂ければ、迅速に対応し調査を行いますので、ご連絡お待ちしております。

ビルの梁、柱、機械室の天井

資料採集による現地調査

  • 現地での試料採取

    分析のために、現地で試料採取を行う。
  • 分析

    現地で採取された吹付け材の分析は、原則としてJIS A 1481:2014 「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」に基づき行い、アスベスト含有の有無を診断することになります。

吹付けアスベストや石綿を含む保存料などの劣化、損傷状態等の把握のための診断

吹付けアスベスト劣化状態等の把握のための診断は、処理工事の要否及び処理工事を実施する場合の工法の選定をするための診断であり、現地調査において、吹き付けアスベストの劣化状態の把握、アスベスト粉じん濃度の状況の把握、現地状況・周辺状況等(使用頻度等)を勘案して、総合的に診断します。

ESPOIR アスベスト処理 BCJ-審査証明-61号 株式会社エスポワール


吹付けアスベスト劣化状態等の把握のための現地調査

  • 吹付けアスベストの劣化状態及び種類

劣化状態 定義・主な要因
1.層表面の毛羽立ち 吹付けアスベストの表層部で結合材の劣化などによってアスベスト繊維が毛羽立っているもの。
2.繊維のくずれ 「毛羽立ち」の程度からさらに劣化が進行し、表層、又は表層下部の繊維がほぐれて荒れた状態になっているもの。
3.たれ下がり 吹付けアスベストの一部が劣化し、 外力等によって層外へたれ下がって いるもの。
4.下地と吹付けアスベストとの間の浮き・はがれ 吹付けアスベストの下地への付着力が 低下することによって、吹付けアスベストと下地との間にすき間、はく離がみられるもの。
5.層の局部的損傷・失損 人為的、又は経時変化によって、アスベスト層の表面、層自体の層間・ 下地間で生じた局部的な凹、はく落、はく離。
6.層の損傷・失損 人為的、又は経時変化によって生じた施工面のほぼ全面にわたる凹、はく落、はく離。
  • 劣化状態の診断

    現地での目視観察は、対象物から1m以内に接近して行うことを原則とする。

官公署その他への届け出

関係法令等に従い、速やかに官公署その他へ必要な届出を行います。
必要となる届出は次のとおりです。

工事計画届
(耐火・準耐火建築物)
【労働安全衛生法第88条第4項】
届 出 先 労働基準監督署
時期 14日前まで
対象工事 除去処理工事のみ
作業届
(耐火・準耐火以外の建築物及び工作物)
【石綿障害予防規則】
届 出 先 労働基準監督署
時期 作業開始まで
対象工事 除去処理工事のみ
特定粉じん排出等作業実施届
(建築物)
【大気汚染防止法】
届 出 先 都道府県知事等
時期 14日前まで
対象工事 除去・封じ込め・囲い込み処理工事

アスベスト処理工事

調査・診断結果に応じて、以下の3つの処理方法から選定します。

  • アスベスト除去処理(解体)

    損傷が大きな場合等に、アスベストを完全に取り除く工法
  • アスベスト封じ込め処理(改造・補修)

    除去が不可能な場合等に、アスベストに特殊薬液を吹き付け、固化させ粉じんの飛散を防ぐ工法
  • アスベスト囲い込み処理(改造・補修)

    アスベストに損傷を受ける可能性がある場合等に覆う工法
ESPOIR アスベスト処理 BCJ-審査証明-61号 株式会社エスポワールのアスベスト処理工事

事後処理

  • 施工区間内の清掃、隔離用シート等の撤去

  • 産業廃棄物処理

    除去したアスベストを、都道県知事の許可を受けている特別 管理産業廃棄物収集運搬業者、 処分業者へ引き渡す
  • マニフェストの返還