アスベスト処理の流れ

除去作業(イメージ)

アスベスト除去のレベルについて

作業
レベル
レベル1 レベル2 レベル3
発塵性 著しく高い 高い 比較的高い
建材の
種類
耐火・順耐火建築物の吹付け材 その他建築物の吹付け材 吹付け材(建築材の種類による区別なし) 耐火被覆材、断熱材 保温材、石綿含有保温材 その他石綿含有成形板(非飛散性)スレート板、Pタイル等
作業内容 吹付け材除去 封じ込め
囲い込み
(吊ボルト等を取り付ける作業)
通常の除去 搔き落とし等による除去 グローブバック方式 非石綿部で切断搬出 手払し解体
具体的
な例
①耐火建築物(3階以上の鉄筋構造の建築物等)の梁、柱等に石綿とセメントの合剤を吹付け、耐火被膜として使われている。
昭和38年頃から昭和50年初頭までの建築物に多い。

②ビルの機械室、ボイラ室等の天井、壁またはビル以外の建築物(体育館・工場・学校等)の天井、壁に石綿とセメントの合剤を吹付けて、吸音、結露防止(断熱用)として使われている。
昭和31年頃から昭和50年初頭までの建築物に多い。
①ボイラ本体及びその配管、空調ダクト等の保温材として、石綿保温材、石綿含有けい酸カルシウム保温材等が張り付けられている。

②建築物の柱、梁、壁等に耐火非覆板、石綿含有けい酸カルシウム板第二種が、張り付けられている。

③断熱材として、屋根用折版裏断熱材、煙突用断熱材が使用されている。
①建築物の天井、壁、床等に石綿含有成形板、ビニル床タイル等を貼り付けられている。

アスベスト除去 レベル1

アスベスト除去 レベル2

アスベスト除去 レベル3