大阪でアスベストの調査・処理なら

豊富な実績と信頼の
当社にお任せください。

たった少しのミスでも甚大なリスクにつながるアスベストの取り扱いにおいて、株式会社エスポワールでは「特定建築物石綿含有建材調査者」による徹底した事前調査を行います。
アスベストの調査や処理でお困りでしたら、大阪でアスベスト専門処理業者として30年以上アスベスト問題に取り組んできました当社にお任せください。

人々の安全を第一に考え、
責任を持って、真剣に取り組みます。

Caution!

技術の未熟な業作に依頼すると... 飛散事故 無届工事 規則違反

どこのアスベスト業者に、
頼んでも同じだと思っていませんか?

調査不足による飛散事故や規則違反よる罰則など、
責任は施⼯業者だけでなく、施主会社さらには、発注者にも及びます。

アスベストの危険性について

Feature

エスポワールが選ばれる理由

エスポワールは独自の監視体制でばく露・飛散防止に取り組んでいます。

  1. 01

    正確な事前調査

    「特定建築物石綿含有建材調査者」による事前調査

    厚生労働省・国土交通省・環境省告示第1号に基づき、建築物に使用されている石綿含有建材の使用実態について、中立かつ公正に建物調査を高い精度で行います。アスベストは一見して判別が困難な場所、建材に使用されていることも多く、建築物の壁材、屋根材、外装材、内装材や断熱材等に使用されており、その利用形態は3,000種以上あるといわれております。建築物のあらゆる箇所で使用されているアスベストですが、事前調査で気づかず、1箇所見逃しただけで石綿漏洩・飛散事故の原因になる可能性があります。このため、適切なアスベストの事前調査が重要になります。

  2. 02

    万全の安全対策

    改正法令にも迅速対応

    建築基準法、建設リサイクル法、労働安全衛生法、石綿障害予防規則、大気汚染防止法などの法令改正にもいち早く対応するために、安全対策会議や周知会を行い、コンプライアンスの順守に努めております。

    電動ファン付マスクを使用

    石綿取扱い作業時に使用します。2009年4月より石綿障害予防規則の改正により着用を義務化されましたが、弊社では規則改正より前から使用しております。作業者の安全を第一に考え、徹底したばく露防止対策を行っております。

  3. 03

    豊富な実績

    創業より30年以上無事故の確かな実績

    アスベスト対策専門会社として「どこよりも安全、確実に!アスベストを処理し人々が安心して働き、暮らせる環境づくりをお手伝いします」をモットーに取り組んできました。

特殊な施工場所にも
対応いたします

解体工事の際に発生するアスベストの処理では発じん性によってレベル1から3の分類がなされています。エスポワールでは飛散のリスクがもっとも高いレベル1からレベル3までの処理に対応しており、煙突内のアスベスト対策など特殊な状況でも問題なく除去いたします。お困りの際は気軽にご相談ください。

  1. level 1

  2. level 2

  3. level 3

Asbestos

外壁や内壁の塗装等に使用された
アスベストが経年劣化によって
飛散する問題が注目を集めています。

これまで飛散リスクが低いとされていた仕上塗材ですが、経年劣化により飛散するケースが近年増えてきています。一見なんの問題もなさそうな塗装にアスベストが使用されている場合があり、アスベスト飛散防止には適切な調査・処理が必要です。エスポワールは仕上塗材の調査・処理を徹底して⾏う技術と実績を持っています。

外壁アスベストについて

Flow

アスベスト対策の流れ

エスポワールは大阪を中心に、近畿県内の京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山一円でアスベスト対策を承っております。
お見積もりのみのご相談でも承っておりますので、お気軽にお問い合せください。

  1. step 1

    試料採集による
    現地調査

  2. step 2

    官公署その他への
    届け出

  3. step 3

    アスベスト
    対策工事

  4. step 4

    事後処理

サービス紹介

信頼されるチームに。
お客様からの
ありがとうを目指して。