解体等工事を行う際には、
アスベストの事前調査が法律で義務付けられています。

アスベストは吹付け材を含め、建築建材をはじめ設備機器・外壁塗装材などの広範囲に使用されています。
建物のどこにアスベスト含有建材が使用されているか把握されていないことが圧倒的に多いのが現状です。
そのため、膨大に残存しているアスベストは、調査、分析、除去、廃棄の過程で飛散する可能性がおおいに残ります。

事前調査を間違えれば即飛散事故となるアスベストの適切な処理には、最初に建物の正確な調査がなによりも重要になります。

エスポワールは事前調査のプロがお伺いします

事前調査の際は、厚労省認定『特定建築物石綿含有建材調査者』資格保有者がお伺いします。専門的な目線で、中立かつ公正な立場から精度の高い調査を行います。

調査・施工までの流れ

  1. step 1

    書面調査(1次スクリーニング)

    竣工図書・設計図面・調査資料等から、石綿の使用が疑われる箇所をピックアップします。

  2. step 2

    現地目視調査
    (2次スクリーニング)

    1次スクリーニングでまとめた情報を元に、現地で全ての建材を目視にて調査していきます。

  3. step 3

    1次判定

    目視調査結果の判定をします。判断がつかない建材は、分析を行うか『みなし判定 』 により石綿含有建材とみなして工事を進めていきます。

  4. step 4

    建材分析

    目視調査で明らかにならなかった建材の分析調査を行います。

  5. step 5

    調査報告書の作成

    工事対象箇所のどの部位にどのような石綿含有建材があったのか、また石綿含有建材でない場合、その判断根拠と建材名を全てまとめた報告書を作成します。

  6. step 6

    調査結果の発注者への説明

    今回の工事予定箇所にどのようなリスクのある建材が発見されたのか、また、工事を行う際の対応方法等をご説明いたします。

皆様もこんなことありませんか?
知っていますか?
アスベストの事前調査

  • 設備工事で天井の石膏ボードを1枚撤去するだけなんやけど、調査は必要なん?

    電気工事業者

  • エスポワール

    その場合も『解体等工事等』に該当するので、事前調査が必要です。

  • 発注者が設計のときに分析してるみたいやし、発注図にも何も書いてないから、他のところにはアスベストは無いってことなん?

    ゼネコン・⼯務店

  • エスポワール

    設計の際に分析調査を実施済みであっても、事前調査は必要です。
    工事開始前の事前調査と、発注者への書面説明は受注者の義務です。

  • 吹付け材は分析して、アスベスト無しの判定やったけど、それでいいんでないの?

    解体業者

  • エスポワール

    吹付け材だけでなく、内装材、外壁塗材、設備機器など、使用が疑われる建材は多数あります。調査漏れを防ぐためにも、調査は専門業者に依頼しましょう。

  • ちゃんと調査して、作業員は全員分かってるけど、それでもアカンの?

    設備⼯事業者

  • エスポワール

    受注者の義務として『事前調査の結果を書⾯により説明』する必要がありますので、報告書を作成して、発注者に説明をしましょう。