アスベストの除去のレベルについて

アスベスト除去のレベルについて

アスベスト除去時のアスベストの飛散性、発塵性によって1~3のレベルに区分され、それに合わせた対策が必要になります。もっとも飛散性が高いものがレベル1となり、作業場所の隔離などの徹底した曝露防止対策と適切な防護衣による作業者の安全対策等、高難度の作業となります。

 

アスベスト含有の可能性がある外壁

アスベストは防火性、耐熱性に優れた性能を持つことから、建物の外壁を初めとして広範囲で使用されております。さらに吹付け塗装など、多くの使用状況がございます。

 

 

専用ポリシートで除去する部屋を完全密閉します。その上で負圧除塵装置の設置、
セキュリティールームの設置などの飛散防止対策が必要となります。

 

 

保温材、断熱材等が対象となります。除去の際は石綿部の飛散防止養生を行い石綿が
使われていない箇所で切断し、そのまま処分します。

 

非飛散性と呼ばれる、比較的リスクの少ない分類とされていますが、
除去の際には十分に湿潤させた上、原型のまま破壊せず除去する必要があります。

ブログ記事一覧へ